トライアルセット

ビーグレンエイジングケアトライアルセットの口コミ!サイエンスコスメ納得の実力

子供を産む前までは
フルライン揃えて愛用していた
サイエンスコスメ、b.glenビーグレン

とってもとっても
お肌に合っていたのと
有効成分を明確に表示していて
有効成分はお肌に良い成分が高配合なのがお気に入りの
スキンケア化粧品でした。

スキンケアアイテムとして
ものすごく信頼して愛用
していましたが。。。

子供が産まれてからというもの
精神的にスキンケアアイテムを
1つ1つ肌に重ねる手間を
惜しむようになり。。。

しばらく離れていたブランドです。

子供が乳児から幼児に
成長し、自分のスキンケア時間が
少しずつ持てるようになってきました。

娘が大きくなり
少しずつ一人で遊んでくれる
ことが増えるにつれて
私自身も余裕が出来てきました。

子育て頑張ってる自分の
お肌にたっぷり栄養を
与えてあげられる
サイエンスコスメb.glenビーグレン
再び使いたくなりました!

b.glenビーグレントライアルセット”エイジングケア”注文しました

そんなタイミングで
もう一度エイジングケアの
トライアルセットを使って
自分のお肌を育て直そうと
思って注文しました!

8種類もある
b.glenビーグレンの
トライアルセット。

ホワイトケア トライアルセット
毛穴ケア トライアルセット
たるみ・法令線 トライアルセット
ニキビ跡ケア トライアルセット
ニキビケア トライアルセット
目元ケア トライアルセット
乾燥・保湿 トライアルセット
エイジングケア トライアルセット

どれも魅力的なセットで
どれを選ぼうか迷いました。

悩んだ結果!
5年前には見向きもしていなかった
エイジングケアを選びました。

注文後、すぐに到着!!!
ゆうパックで届きますよ。

通販だけで販売している会社
だけあって、注文→発送→到着
までの流れがものすごくスムーズで
ノンストレスです。

ビーグレンのトライアルセット、エイジングケアは、しわに効く製品を集めたセット。

 

洗顔、ローション、クリーム、そして美容液2点の計5点のセットです。

トライアルなのに、パウチではなく、容器にたっぷり入ってフルラインで試せるのもビーグレンの魅力です。

洗顔クレイウォッシュ口コミ!泡立てない洗顔で毛穴すっきり

b.glenビーグレンの洗顔
クレイウォッシュ。個性的な洗顔料です。ビーグレンの洗顔料はこれ1種類のみで、どのトライアルセットにも必ず入っています。

このビーグレン、クレイウォッシュは使い方を知らないと
効果が激減してしまうので
ここは注意したいポイントです。

この洗顔料は
“泡を立てない洗顔”
なのです。

約5年前の私は知らなくて(汗)
手のひらで一生懸命、泡立たせながら
「泡立ちの悪い洗顔料やなぁ・・・」
と勘違いしていたのです。

ゲルみたいな
クレイウォッシュを
両手でなじませて
そのままお肌に乗せる洗顔料です。

お肌の汚れや、古い角質を
クレイウォッシュが磁石のように
吸着して洗い流す吸着洗顔

クレイウォッシュに配合されている
天然のクレイ(泥)が毛穴に詰まった
黒ずみも吸ってくれます。

 

過去に使ったクレイ系(泥系)
の洗顔料は洗うとスッキリするのですが
吸着しすぎてお肌がカピカピに
なってしまった経験がありましたが
このクレイウォッシュは違います。

5種類の美容成分を配合
しているので、
洗い流した後のツッパリ感は皆無です。

成分表をチェックすると。
まるでオールインワンのゲル!?
と勘違いするような配合です。

ココイルグルタミン酸Na
スクワラン
ヒアルロン酸
グリチルリチン酸2K
アロエベラ葉エキス
カミツレ花エキスクロレラエキス

これだけの保湿成分がたっぷり配合。

洗い流した後は
お肌がワントーン明るく
モチモチするのです。

うんっ。
やっぱりビーグレンは間違いないなぁ!!!

保湿成分たっぷりの化粧水 Qusome(キューソーム)ローション

サラッサラとした
質感の化粧水
QuSomeローション

ビーグレンの化粧水は
2種類あります。
  • クレイローション
  • QuSomeローション

エイジングケア トライアルセットに
入っているのはQuSome(キューソーム)ローションです。

毛穴の開きだけが気になるかたや、ニキビ肌の方、

つまり20代の方など脂性肌だという場合は、クレイローションがおすすめ。

ニキビと毛穴のトライアルセットには」、こちらのクレイローションが入っています。

エイジングケアのトライアルセットに入っているキューソームローションは保湿に特化した化粧水で
“17時間お肌にとどまり続ける”という紹介に偽りはないと
感じる実力派の化粧水と感じました。

化粧水って、
どれを使ったって
あんまり大差ないと思ってました。

美容液やクリームをこだわれば
ある程度、肌は納得するかと。

プチプラの1000円以内
のものを使ったことも
ありますが、、、

やっぱり良いものを使うと
違いが歴然なんですよね・・・。

さらっとした化粧水を
お肌に乗せると
ぐんぐん浸透していくのです。

結果的にお肌が
みずみずしくなって
奥行きが出てくるのです。

次の化粧品の肌なじみを
良くするという役割を
してくれるんです。

トライアルセットはフルラインで
贅沢に使えるのも
メリットですね。

ビタミンC高濃度配合のCセラムは本当に一押しアイテム

b.glenビーグレンの中で
一番愛すべきアイテム!
Cセラム

ちょっと金欠の時
フルラインで買えない時でも
Cセラムだけは欠かせませんでした。

美肌には不可欠な
“ビタミンC”がたーーーっぷり高配合された美容液なんです。

久々に使ったら
「あぁ。お久しぶり。。。」
「やっぱり変わってない。。。」
「お肌がポカポカ!」

ビーグレンのCセラムは
ビタミンCが高配合されているので
お肌に乗せた瞬間、すぐに反応があるんです。

「お肌がポカポカするんです!」

QuSomeというビーグレン独自の
超微小カプセルに包み込まれた
新鮮なビタミンCがほのかな温感を
お肌に与えながら、角層の奥に
浸透していくんです。

お肌を手のひらで包むと
本当に奥から潤っていることが
分かります。

ビタミンCはお肌の強い味方です!
お肌全般の悩みに役立つ有効成分です。
シワ
たるみ
ニキビ
ニキビ跡
毛穴
シミ
くすみ

に効果があるのです。

あぁ。
やっぱりCセラムだけ
トライアル無くなったら
大きな本アイテム注文しなくちゃなぁ。

レチノール配合、しわにはこれ!Qusome(キューソーム)レチノA

エイジングケアといえば
レチノール!!!!
レチノールを制せば
シワを制す。
と言い切っても良いほど
シワに効くレチノール。
レチノールとは
ビタミンAなのです。

ビタミンA
=イコール
レチノール、レチナール、レチノイン酸
その他誘導体の、総称のことです。

QuSomeレチノA
ビタミンAを2種類配合しています。

こってりとした
テクスチャーのクリーム
目の下の小じわや
法令線をゆったりと押さえて
最後に手のひらでじっくりと
優しくなじませます。

この時点でも
肌が仕上がってきたなー。
と実感があります。

とにかく内側から
肌が満たされるのです。

超濃厚!高保湿クリームのQusomeモイスチャーリッチクリーム

最後の仕上げに
QuSomeモイスチャーリッチクリーム。
ものすごくリッチ!
濃厚!なテクスチャー。

深いシワやたるみが
きになる首に塗ってみました。

じっくりお肌を包むので
朝塗っても夕方まで首がしっとり
していると感じました!

ビーグレンには
乳液がありません。

乳液とクリーム。
違いを簡単に説明すると
配合されている油分と水分
が違うんです。

乳液はクリームに比べて
水分が多くて。

クリームは乳液に比べて
油分が多いです。

水分は、きっちりと化粧水で
補っているので乳液は必要ない
という考え方なのかな?

と成分表を眺めながら
感じていました。

自分の肌質や
季節によって変化する肌状態に
合わせて量やアイテムを調整
するのも、自分の理想の肌に
近づけるスキンケアです。

さいごに

久々にビーグレンを
フルラインで使いました。

オールインワンゲルで
満足していた肌ですが。

やっぱりフルラインを使い
丁寧にスキンケアすると
やっぱり違いがあるなぁ
と実感します。

先日見たテレビで
夏木マリさんとYOUさんが

「とにかく肌は大事」
「肌を大事にしない人がアレコレ顔をイジリだす」

とおっしゃっていましたw
なるほどー。

とにかく大人になれば
なるほどスキンケアに
重きを置かないと
どんどん変な方向に
進んでしまい
もう戻れなくなって
しまうんだろうなぁ。

大人になると
主役は肌。

美の価値観を
肌に戻していこうと
ビーグレンを再び使って
改めて身にしみたのです。

以前よりも
尚一層
お手入れに力が入ります。