美容液

乾燥肌小じわに効果あり!リポコラージュラメラエッセンスの口コミ愛用中

小じわが気になる人!小じわ対策にはどんな化粧品を選べばいい?

気になる小ジワをどうにかしたくて。
シワ対策が出来る基礎化粧品を
探していたところ
すごく気になる化粧品、リポコラージュラメラエッセンスを見つけました。
シワ対策には肌のコラーゲンを
増やす化粧品を探します。
お肌のハリを支えるコラーゲンは
角層の奥=真皮
で作られ、古くなると分解されてしまいます。
アラフォーになると新しい
コラーゲンの生産量が
激減してしまうのです。。。(哀)
このコラーゲンを増やすケアが
シワ対策の鍵となるのです!
加齢によるシワの原因の80パーセントは
“コラーゲンの減少”といって良いみたい。
保湿だけではシワは改善しないんですね。
加齢による小ジワをなくすには
コラーゲンを増やす化粧品を選び
お肌の弾力をを強化することです。
深いシワを改善するのは
美容治療が必要な場合がありますが
小ジワであればコラーゲンを強化すれば
セルフケアでどうにか改善するのです。
その為に必要な材料が揃った美容液が
リポコラージュ ラメラエッセンスです。

 

リポコラージュラメラエッセンス口コミ!実際にブースターとして使ってみた

小ジワを改善するにはシワ対策できる
基礎化粧品を正確に使えば
セルフケアでも改善します!

リポコラージュラメラエッセンス美容液を
化粧水をつける前の導入液ブースターとして
使い始めました。

使い方の冊子付き

化粧品はなんでも、リポコラージュラメラエッセンスももちろん使う前に。
同梱してある説明書をしっかり読みこんで!
お手入れの基本をチェックします。

自分流で使うと
どうしても自分のクセで
お肌に負担をかけてしまうことが多いです。
今の肌に悩みがあるならば
使い方も見直す必要があることを
いつも説明書を読みながら
自覚するようにしています。

使い方

この美容液、リポコラージュラメラエッセンス!
かなり本格的です!
使う前にラメラエッセンス液を
自分で作るのです。
作りたての新鮮な状態で美容成分
お肌に乗せることができるんですね。
リポコラージュラメラエッセンス美容液の作り方を説明します。
1、ラメラエッセンスC
ラメラウォーターCを取り出します。
2、とんがっているノズルの方に
こぼさないようにゆっくり全量を入れます。
3、
30回から50回以上よく振ります。
4、
5〜6滴
手のひらに出して使います。
5、
混ぜた美容液は冷蔵庫で保管!
※25度以下の環境では生コラーゲンが徐々に分解されてしまい、ゼラチンコラーゲンになってしまう為。
※効果を最後まで実感するには使い終わった1時間以内に冷蔵庫に入れる。

効果がでる使い方のポイント

お手入れの基本であるポイントは。
とにかくお肌に負担をかけることなく
有効成分を肌の奥に届ける!
ことが大事です。
角質層の暑さはラップ1枚分と
言われています。
力加減の目安は!
ラップが沈んだりヨレないパワーで
塗るのが大事です。
私はお肌に美容液やクリームなどの
とろみがあるものを塗る場合は
必ず薬指を使うようにしています。
薬を塗る指だから
薬指と名前がついたように。
怪我の患部にも負担がかからない
チカラで塗れるのが薬指です。
お肌は引っ張ったり、こすったり
摩擦の分だけシワ、たるみの原因になるんです。
リポコラージュラメラエッセンスを
お肌に塗った後は手のひら全体を使って
お肌に押し込むように浸透させます。

実際に感じた効果

リポコラージュラメラエッセンス!すごい!!!
と思わず声にだしてしまったくらい
着けてすぐにすごさが分かります。
手のひらがモチモチとお肌に吸い付きます。

浸透させて5分後ぐらいまでは
モチモチと吸い付く感じ。

10分ほど経過すると
お肌に艶が出てきて
お肌の表面はサラサラ。

リポコラージュラメラエッセンスの美容液が

角質層へ浸透しているのが
分かります。

リポコラージュラメラエッセンスの小じわに効く成分

有効成分は
  • 水添レシチン
  • 水溶性コラーゲン
  • ビタミンC配糖体:アスコルビルグルコシド

水添レシチン

角質細胞の間を埋めるような保湿物質です。
セラミドと同じような性質を持っていて。
リポソームにも使われていることで有名ですね!
水添レシチンは自然の成分なので
毒性はなく敏感肌の方でも安心です。
敏感肌コスメにもよく配合されていますね。

水溶性コラーゲン

この成分がこの会社が製法特許をとった成分です。

コラーゲンはそのままではお肌に浸透しません。
分子が大きすぎるからです。

世界初の浸透技術で螺旋状の生コラーゲンを
小さな小さなナノカプセルに巻きつけて
角質層に一緒に引きずりこむんですって。

この技術は色々なコラーゲン化粧品を
使ったことがありますが初めてです。

ビタミンC配糖体

今までの経験と知識では。

ビタミンC誘導体が配合されたコスメを
よく使っていました。

美白効果と肌のコラーゲンを増やす
代表的な成分だからです。

ビタミンC“誘導体”と
ビタミンC“配糖体”って何が違うのでしょう??

調べてみたところ。
圧倒的にビタミンC配糖体の方が成分が安定していることがわかりました。

誘導体は性質上成分が安定しにくく
効果が持続しずらいそうです。

比較するとビタミンC配糖体
誘導体と比べ物にならないほど
安定していて崩れにくい構造だそうです。

使う直前に2液を混ぜるというのも
この成分をより崩さない為でしょう。

リポコラージュラメラエッセンスが効果がある理由

リポコラージュラメラエッセンスを使い出して一番びっくりしたのが

お肌がすぐに答えてくれ効果があったこと。

なぜリポコラージュラメラエッセンスは効果があるのか、その理由を調べてみました。

リポコラージュラメラエッセンスのコラーゲンがお肌に浸透する

コラーゲンを食べたとしても
お肌へのコラーゲンが増えることは
科学的には証明されていません。
鶏肉を食べても
鳥にはならない
のと同じ原理ですね。
コラーゲンはタンパク質なので
コラーゲンを作る材料を摂取しても
ホルモンバランスが減少するなど
加齢の原因で生産する力が減るんです。
食べてもダメなら。
コラーゲンを増やす働きをする
化粧品を使えば良いのです。
今はナノ技術(小さくして肌の奥に届ける技術)
どんどん進化しています。
コラーゲンを増やす成分が配合された
化粧品を使うことでコラーゲンが
お肌の奥で作られるのを促します。
リポコラージュラメラエッセンスを
使うことで角質層の隙間がどんどん埋まり
角質層が整うのです。
生コラーゲンが配合された
リポコラージュラメラエッセンスを使い続けることで
角質層のラメラ構造が整い
お肌の弾力が回復するんです。

製法特許をとった浸透技術

特筆すべき成分は!
水溶性コラーゲン
「フェース生コラーゲン」

加齢によって失われた弾力
お肌の一部になってくれるんです。

角質層を整えることができる画期的な成分だそうです。

お肌と同じ生体リン脂質
でできているのでお肌に浸透した後
バラバラに解けて足りていない隙間を
埋めてくれるんです。

コラーゲンは大きすぎるとお肌に浸透しません。

製法特許を取った浸透技術で
お肌の水分をサンドイッチ状に
挟み込んでお肌の内側の水分蒸発を
防ぎます。

リポコラージュエッセンスはこんな方におすすめ

リポコラージュラメラエッセンスがおすすめな方は

小ジワに悩んでいる人
乾燥肌の人
アラフォーのたるみが気になる方

です。

何度も言いますが!

小ジワならばセルフケアで確実に治せます。

深いシワになる前に
お肌に負担をかけず、優しいケアで
必要な成分を角質層に届けることで
確実にお肌は応えてくれます。

スキンケアでしっかり改善するうちに。

さいごに

アラフォーになったとしても
まだまだ肌は育ちます。
リポコラージュラメラエッセンスを使いながら
そんな「希望」を感じました。
30代も後半に差し掛かり
以前ならば大きく下り坂・・・
女の舞台から降りなければならない・・・
なんて時代もありました。
でも今はそんな時代ではありません。
ビタミンC誘導体が進化してビタミンC配糖体となりより安定するように。
美容の技術も日進月歩で
どんどん進化しています。
40代50代60代
もう年齢では測れない美しい肌を
持っている方々が
今はたくさんいらっしゃいます。
「希望」を持って
セルフケアするかしないかで
大きな分かれ道です。
スキンケアカウンセラー
鶴岡悦子先生の言葉
「肌が変わったのは、
あなたの行動が変わったから。
行動が変わったのは、
考え方が変わったからなのよ。」
希望を持って
肌に向き合い
素直に前向きに
化粧品からもらう希望
希望があるから肌が育つ!