スキンケア

PGCDページェーセーデー石鹸トライアルセットの口コミ✩毛穴すっきり泡立て洗顔

新聞広告チラシによく入っている
P.G.C.D石鹸セット

「ページェーセーデー」
って読むんですね〜。初めて知りました^^!

最初は、[ピージーシーディー]ってそのまま読んでしまいました。

APCアーペーセー
みたいな感じですね^^!

朝用のスキンケアソープと、夜用のスキンケアソープ

それに化粧水、乳液、美容液の3役をしてくれる

オールインワン美容液のついたトライアルセットで

価格も手頃な上に、なんとフランス製!

ヨーロッパの国は、日本よりもオーガニックなどの基準も厳しく、良い製品が多いんですよね!

 

PGCD石鹸トライアルセットを実際に使ってみました

シンプルスキンケアが
気になりPGCDトライアルセットを
注文してみました!

肌を育てて脱ファンデーション

とシンプルスキンケアを
することでお肌の持っている
本来の力を育ててくれるそうです。

PGCDトライアルセットの中身

PGCDトライアルセットのなかには

朝用スキンケアソープ
夜用スインケアソープ
トリプルエッセンス美容液

が入っています。

基本的に、私は朝の洗顔は
“ぬるま湯派”です。

今までの経験上では
洗顔石鹸を使うほど
汚れていないと思っているからです。

ただ、せっかくなので朝用スキンケアソープを
使ってみました。

朝用スキンケアソープ(サボンクレール)

泡だてネットはついていないので
自宅でいつも使っている
無印良品のネットを使いました。

まずはソープで手を洗います。
手のひらが汚れていると
泡立ちが悪くなります!
この工程をするとしないとでは
泡のきめ細かさが全然違います。

あまり期待していなかった
泡立ちですが!

これは嬉しい驚きです。
2・3回ワシワシするとすぐにモコモコ泡が出来ました。

ナチュラル系の化粧品って
いまいち泡立ちが良くないことが
よくあるのですが
石鹸P.G.C.Dページェーセーデーの
朝用はかなり泡立ちが良いです。

皮脂が多い部分
Tゾーンに先に泡をのせます。

 

乾燥肌の私ですが。
Tゾーンには皮脂線が多く
テカリやすい余分な皮脂が
沢山ある証拠です。
夜寝ている間に
お肌の老廃物が剥がれて
ターンオーバーが起こるので
皮脂を優しい石鹸で洗うことで毛穴が小さくなったと感じました。
お湯で洗うだけの時より
Tゾーン中心に
石鹸P.G.C.Dページェーセーデー朝用スキンケアソープ
使うことで肌が整い
ガサつきが減ったと感じます。

夜用スキンケアソープ(サボンフォンセ)を使ってみました。

夜用のスキンケアソープに関しては、メイク落としにもなるというもの。

ですので、ダブル洗顔がいらずこれ一個でOKとのこと。

本当にメイクは落ちるのか?!

 

手のひらにメイクしてみました。
化粧下地
パウダー
リップ

アイライン

たっぷりきめ細かく泡だてた
石鹸P.G.C.Dページェーセーデー夜用スキンケアソープ
のせます。

 

ふっくらきめ細かく泡だてると
お肌に刺激を与えることなく
毛穴の細部まで綺麗に洗えます。

洗うときに気をつけていることは
直接肌をゴシゴシ触らないこと。

 

PGCD石鹸の泡を流してみると
濃いポイントメイク
アイラインは残ってしまいました。
リップもうっすら残っています。

やっぱりフルメイクがっつりしているときは
オイルクレンジングでポイントメイクを
先に落としてから。

眉やパウダーに関してはしっかり落ちていたので、

アイライン、リップはポイントメイク落とし(私の場合はオイルクレンジング)で落としましょう。

PGCD石鹸だけでは、やっぱり物足りないです。

そのほかのパーツ(おでこや頬)
中心に石鹸で汚れを落とすのが
良いです。

トリプルエッセンス美容液を使ってみました。

PGCDのトライアルセットを頼むと、今だけ特別プレゼントということで、オールインワンの美容液がついてきました。

これ一本で、化粧水、乳液、美容液の3役をしてくれるというすぐれもの。

洗顔後はたっぷりのトリプルエッセンス美容液を。

トリプルエッセンスは美容液と表記されていますが
使った実感としては化粧水のようなさらっとした
使い心地です。

ちなみに、化粧水と美容液
この線引きは実は明確に
決まっているわけではありません。

スキンケア化粧品につける
種類別名称は各メーカーが
好きに名付けることができます。

訴求成分(お肌に効果がある成分)
が多く配合されているものを
一般的に美容液と呼びますが。

訴求成分が多く入っている
化粧水も世の中には
沢山ありますし。
その逆もあります。

石鹸P.G.C.Dページェーセーデートライアルセットの成分について

PGCD朝用スキンケアソープの成分

水、タルク、コーン油、エーデルワイス花、葉エキス、グリセリン、ナツメ種子エキス、プロバンジオール、プクリョウタケエキス、多糖体、グルコノラクトン、エタノール、クダモノトケイソウ果実エキス、パイナップル果実エキス、ブドウ果実エキス、リンゴ果実エキス、モモ果実エキス、オタネニンジン根エキス、PCA、Na、EDTA-2Na-EDTA−4Na、エチドロン酸4Na、亜硫酸水素Na、香料、酸化チタン、水酸化クロム、酸化鉄

成分をチェックすると
洗浄成分というより、まるで化粧水のように
薬草や果実のエキスが沢山配合されています
朝のデリケートなお肌が
つっぱらないのも納得しました。

PGCD夜用スキンケアソープの成分

水、ココイルイセチオン酸Na、グリセリン、オリーブ果実油、アーモンド油、PG、レモン果皮エキス、オレンジ果皮エキス、PCA-Ca、モンモリロナイト、カエサルビニアスビノサガム、ヒラアオノリエキス、マグワ根皮エキス、ガンコウラン果汁、ハマメリスエキス、酸化Na/EDTA-4Na・エチドロン酸4Na/香料チタン、水酸化クロム、酸化鉄

夜用のスキンケアソープは朝のスキンケアソープと比べて
洗浄油分が多いですね。

果実油やモンモリロナイトなどの泥の洗浄成分も配合されています。

石鹸の面白いところは
配合の違いで洗浄力が
全く違うところです。

夜はしっかり汚れもメイクも落とすために、しっかり落とせる成分となっています。

この成分の違いを調べたときに、朝用と夜用をわけているのは本当に意味があるんだな、と妙に納得しました。

 

PGCDクレンジング石鹸 洗顔でデトックスするには?

クレンジング洗顔の一番のメリット
お肌の水分油分を落としすぎないこと!

石鹸P.G.C.Dページェーセーデー
保湿力も備えているので尚更安心。

クレンジングのパワーは
オイルやバームクレンジングに
比べると低いのでサラッとメイク
した日のクレンジングにオススメです。

クレンジング石鹸の洗浄力は
高いのもあれば低いもののあります。

石鹸P.G.C.Dページェーセーデー
夜用のものは比較的洗浄力が高いと
感じました。

朝用はお肌に負担を与えず
眠っている間の皮脂を
優しく落としてくれました。

今のように乾燥している時期は
朝起きて前日の基礎化粧品での
保湿が足りずお肌がごわついている
ことがあるのですが。

そんなお肌の水分量が低い時でも
洗い上がりのつっぱり感がないので
朝の洗顔石鹸は美肌効果が高いと
感じました。

適度に皮脂を落とすことが出来て
必要な油分は肌に残すことができる
石鹸P.G.C.Dページェーセーデーを
使うことで洗顔デトックスを実感
することが出来ています。

ターンオーバーを正常に行うには?泡だて洗顔石鹸の意味

綺麗になるには機能的な化粧品に
出会い、上手に使いこなすことが
不可欠です。

洗顔石鹸として優れた役割をしてくれる
石鹸P.G.C.Dページェーセーデー
との出会いは貴重でした。

上手に使いこなしたいものです。

美肌のために重要なのはターンオーバーを
整えること。

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは、お肌の細胞が生まれ変わる期間
お肌の新陳代謝のことです。

お肌は何層も重なっていて
約28日間かけて
上に上に上がってきます。

一番上にある”角質”こそが
普段私たちが目にして手で触れる部分です。

角質が剥がれ落ちることで
新しい細胞が生産されて
また下の層から上がってくるんです。

その角質を優しく剥がれ落とす
ことがターンオーバーには必要。

だからと言って
角質を剥がしすぎるのは厳禁です!

今はたくさんの化粧品が溢れ
綺麗になりたいと思うばかりに
洗いすぎたり、肌に刺激を与えすぎて
逆に肌荒れを起こしてしまう方々が
多いそうです。

角質層が不安定になると
お肌のバリア機能が失われて
しまうのでご注意です!!!

ノーメイクでも必要 泡立て洗顔石鹸

私たちの肌の汚れには2種類あります。
水溶性の汚れ
油性の汚れ

すっぴんで一日過ごし
メイクをしなかった日でも
お肌は汚れます。
皮脂ってやつですね。

皮脂は上手にコントロールしないと
美肌の仲間にも敵にもなり得ます。

皮脂がお肌の上で酸化すると
過酸化皮脂といって
ニキビの原因になったり
くすみの原因になります。

ですので、すっぴんで一日すごした日でも
ぬるま湯で済ますのではなく
よーく泡だてた
石鹸P.G.C.Dページェーセーデー
で優しく軽く洗い流します。

そのときは、夜用ではなく、朝用を使うのがわたし的にはベストでした。

そうすると、汚れた皮脂は流れすっきりし、必要以上に落とさないので潤いも残してくれるんです。